女だけど、ヒミクラ行ったら楽しかった!!|難波秘密倶楽部・女性も遊べる風俗

難波秘密倶楽部

って、何??

TV番組で、度々芸人さん達の口から出てくる「難波秘密倶楽部」という謎の言葉…。
”秘密”の”倶楽部”ってなんやねん!と思っていた(そして検索した)女子も多いハズ。
難波秘密倶楽部は、Hなお姉さんにHな言葉やHなワザでとことん責められまくる
というコンセプトの店舗型、創業20年以上のM性感店です。
この業界で創業20年以上というのは老舗中の老舗。
長く続くのはそれだけ優良店であるということの証でもあります。

難波秘密倶楽部店内

実はお客様は男性に限りません…そう、貴女もお店で遊ぶことができるんですよ!
そうは言っても行きづらいことこの上ないのが実際のところ。
どんなお店なのか、わたくし(女子です)実際に行って確かめてきました!
興味があるあなたも、もちろん男性も参考にしてみてくださいね。

難波秘密倶楽部を女性にオススメできる3つの理由

  • おすすめその1
  • 実際に、年間50名以上のご利用実績があります。

    例えば、2015年7月営業には計7名の女性のお客様にご来店いただきました。「女性も遊べる風俗店があったらいいのに…」「出張ホストやあやしい派遣性感マッサージはなんだか怖い。。」といった方にもご利用いただいています。「安心して身を委ねられる」さらに、「勉強になる!」というお声も頂いています。

  • おすすめその2
  • 在籍女性のうち約5割が対応可・大歓迎です!(リストあり)

    そうはいっても気を遣われながらプレイしたくない…、ですよね。事前に在籍女性に聞きとりをし、女性のお客さんウェルカム!な女性のリストから受付でご案内いたしますので、ご安心ください。当店の在籍女性は性に対しての興味が幅広く、探究心豊かな女性ばかり。どのお客様にも、一緒に楽しもう!という気持ちで接客しています。

  • おすすめその3
  • 「女子割¥5,000 OFF」あります!

    めざせ
    男ごろし
    w

    女性のお客様は5,000円割引!お遊びも楽しみながら、巧みな技を習得しに来られる勉強熱心な方もおられますよ。「されたことがないことはできない→実際に経験してみる」というのが、ハイレベルな性技習得の上で欠かせないのかもしれません。あなたが「男ごろし」と呼ばれるのも、もはや時間の問題です!!

女子割

フーゾクだし、怖いところじゃないの??

全然怖くなかったです!(詳しくはレポートをどうぞ^^)まず、お店の人に怪しい人・胡散臭い人がいませーーん!一人ぐらい、いらっしゃるんじゃないかなと思ってましたけど…(すいません)みなさんめちゃ普通、むしろ爽やかです。入るときに多少緊張はしますが、入り口に目隠しの植木があるのでだいじょうぶ!店内 もキレイだし、店員さんからも特別気を遣われることなくふつーーに対応してくれますし(むしろ積極的にオススメされました)、女子も気軽に利用できる、まさにオトナの老若男女のためのエロの殿堂、テーマパークなのです。

▼ そこで、お店の中をみせくださいとお願いしました。

OK
 
身長が高い人が好み

すでに受付から従いたくなる!疼く、M心…。

受付写真
「是非、実際に受付から体験してみてください!」とおっしゃっていただいたので、カウンターの前に立ってみました…!目の前に広がる美女たちの生写真。付箋には案内時間が書かれていますが、朝イチの時点ですでにお昼過ぎまで埋まってしまっている女性もちらほら…すごい。HPではお顔出しされたなくても、お店ではそのご尊顔を拝することができます…(※一部ベールに包まれた女性もおられます)「うわー!みんなキレイですね!!」「はい、修正もしてません。みなさん素敵ですよ!」高級下着のカタログ写真か!と思ってしまうほどのハイクオリティな美女たちの微笑みに思わず生唾をゴクリと飲んでしまいました…受付前でテンションが上がってしまう男性の気持ち、今ならわかります、わかりますとも!!

かわいこぶって「はじめてなんです…」そう伝えると オススメされたのは、朝の部の高ランク人気美女。小柄でスリムでめっちゃかわいいけどセクシー(そりゃあ人気ですわ)。待ち時間なしでのご案内が本当に珍しいとのこと。
「あ、はい!その娘で!」と即答してしまいそうになりましたが、ここはもうちょいあれこれ悩んでみたい…だって女子だもん。
”店員さんよ… あたしゃあんたの思惑通りにはならないよ…フフ”「いやぁでも…高身長の娘の方が好みなんだよねぇ」(っていう感じの男性客を想像しながら。)

しかし、「身長が高いということであればこの女性も人気ですね、待ち時間いただきますが…(中略)でも、さっきオススメした女性が待ち時間なくご案内できるというのもなかなかないことなので、ほんとにご満足いただけると思うんです、せっかくですし!どうですか!」

「じゃーせっかくなんでさっきのコで!!」(即答) 巧みなトークに心が動いてしまいました。。「自動販売機的なシステムではなく、きちんとスタッフからそれぞれの女性の特徴などをお客様のご要望に合わせて説明させていただいています。」とのこと。
居酒屋でもタッチパネルで注文する時代ですが(アレ、少し寂しく感じませんか)、こういった受付での直接のやり取りも、店舗型の楽しみの一つなのですねぇ。

女子が遊ぶ場合はパネルと併せて、対応可の女性リストの中から案内してくれますよ。「痴女」という言葉の枠を超えた、様々な個性の女性たち。正統派・痴女のセクシーおねえさん、有名大卒の知的美女、ミニマムなかわいこちゃん、OL系、ギャル系女子…80名前後の女の子の中から会ってみたいなぁと思うコを、どうぞじっくり選んでみてくださいな♥「選べない!」…なんて贅沢なお悩みですこと。

快適すぎる

オススメは『キングダム』です。全巻あります。

  • 待合室
  • 待機室
  • 待合漫画
  • 待合モニタ

受付を終えると待合室に案内されます。このお部屋がまた…ほんとうに…人間がダメになるんじゃないかというくらいの快適さです。まず、ソファーふっかかふかです。他のお客さんとの間に空間が十分ありますので、女性もご安心ください。各種漫画読めます。(スタッフTさんのオススメは『キングダム』。)雑誌・新 聞読み放題です。iPadで思う存分女の子たちの写真や動画も見放題です。ドリンクも飲み放題・冷たいおしぼり・あたたかいおしぼり両方あります。

1時間ぐらいなら余裕で待ててしまう…ご案内のアナウンスが流れるたびに「次かな…次かな…」と内心ドキドキしながら『キングダム』を読むふりをして冷静を装いつつ、しばしご案内を待ちましょう。

エリカ様が入った

乙女ゴコロずきゅん。世にも素敵なお部屋たち。

「ではお部屋へご案内します」と、エレベーターへ。待合室からご案内の入口に入ったら、ちょっと照明が暗くなっている!ドキドキ。そして二人入ってちょうどの広すぎず狭すぎずなエレベーター内。実際に女性と二人で乗るそうなのですが、プレイは会った瞬間から始まっているのだそうで…ここですでに痴女の餌食となられる方多数、お気をつけください!!(笑) 今回は特に個性豊かなお部屋が集まる3Fを中心にみせてもらいましたよ。

  • 301号室
    まずは301号室の「漆〜URUSHI〜」。名前が”和”だけに、床の一部が畳です!最大の特徴は、このお風呂。秘密倶楽部でヒノキ風呂に入れちゃうのですね〜。あぁ極楽ごくらく。って思ってたら、あっという間に痴女のなすがままになっているはずだから油断大敵。和モダンな感じでかっこよいです。
  • 302号室
    続いては302号室「レンガ」というお部屋へ。先ほどの「和」とはまた趣向の違う、ヨーロピアンフレーバー漂うお部屋です。レンガの壁に、レトロな街灯オブジェ。ロンドンのストリートへ誘われちゃってください。女子もときめくエメラルドグリーン&憧れ猫足のバスタブですよ♪
  • ヘルタースケルター風呂
    そして何といっても、私がみたかったのはここ!映画「ヘルタースケルター」でエリカ様も入った、輝くSICIS(シチス)の410万円のバスタブがある303号室。全体的にホワイトゴールドカラーでコーディネートされており、なんともゴージャス。この世はすべてワシのもの!的な気分で浸かってみたい。
  • 304号室
    最後に、こちらも人気の304号室「KISS」。壁にドーンとセクシーリップのモザイクアート。このモザイクタイルは、イタリアのベネツィアングラスなんだそう…(いくらするんだろ…)こんなにかっこいいお部屋で、ROCKな感じでちょいぶっきらぼうに責められたい。なぜならドMだから。

もちろん、ラブチェアーや格子にかけられた手錠など、”責められ準備”も万端です!壁を通じてお隣の悶絶も聞こえてくるという噂もチラホラ…の、エロいことをするために作られたお部屋で、存分に”世界”に浸ってみてはいかがでしょうか。

必見スポット

ヒミクラの楽しいところ、まだまだあります。

  • お店外観
  • 実は、看板がないんです…逆にないから入りやすいって思うんですけど、どうでしょ??植木の間にさっと入っちゃえば、何にも気にすることはありません。
  • お店モニター
  • 入ってすぐの大迫力のモニターに映る痴女たちのエロティックで華麗な姿。ここで圧倒されて後ずさりしないで下さいね、受付はその左3歩先です!すぐそこだから!
  • 別館待合室
  • お隣には別館もございます。その待合室がここ。シックでゴージャスな、ちょっぴり大人の雰囲気。シャンデリアがかわいい!バカラの花瓶もある、こだわりのお部屋です。
  • 本館トイレ
  • ここです、ここ。ケンコバさんがテレビで言ってた、ちょっとドキドキする鏡張りトイレ!詳しくは行ってみてからのお楽しみ^^裸像がお出迎え。ちゃんと個室もありますよ。

実際に伺ってみて、想像とは違う店内にびっくり&安心しました。そしてやっぱり女性がほんとうにキレイ!! 私たち女子にとっては謎のベールに包まれていた、うらなんばにそびえ立つ大人の遊び場、難波秘密倶楽部。「女子もOKなんて、知らなかった…」というあなたも、「実は行きたかった」というあなたも是非一度、受付からはじまるドキドキの時間・非日常を味わいに来てみてはいかがでしょうか!